海外ドラマって、本当におもしろい!!

大好きな海外ドラマや洋画をネタバレ最小限でご紹介します!!

映画「スター・ウォーズ」最新作を見る前に!エピソード1〜3のポイント

前回の記事は、ストーリーの詳細まで書きすぎてしまったので…あらすじ控えめに書き直しました(^^;)

あれこれ書き直してありますので、前回ご覧になった方も、もしよろしければご覧くださいね。

 

いよいよ「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」の公開が、12/20(金)に迫ってきました(*^^*)

先週は、金曜ロードショーにて「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」が放送されました。

そして、12/20(金)新作公開当日の夜、地上波(金曜ロードショー)にて、普段より1時間早い7:56から「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」が、ノーカットで初放送されるそうです。

「フォースの覚醒」は、今月公開される新作「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」の前々作、そして今週放送の「最後のジェダイ」は前作になるので、この2週を欠かさずに見れれば、新作へと繋がるストーリーの復習ができます(*^^*)

f:id:TVdorama:20191210111624j:plain

出典:https://starwars.disney.co.jp/

 

以前もブログで「スター・ウォーズ」について、おすすめの視聴順番をご紹介しました。

まだご覧になってない方は、ぜひこちらも見てくださいね♪

 

www.tvdrama.fun

 

スター・ウォーズはスピンオフなども含めると複数ありますが、メインのストーリーとしては全9作品から構成されています。

今回公開されるのは、エピソードⅨ(9)なので、メインのストーリーとしては完結編という位置づけの作品となります。

9作品はそれぞれ、新3部作(エピソードⅠ〜Ⅲ)、旧3部作(エピソードⅣ〜Ⅵ)、続3部作(エピソードⅦ〜Ⅸ)と呼ばれるように、3作品ごとに時代が違い、主人公も入れ替わります。

ですので、エピソードⅠ~Ⅷをすべて復習してから新作を見るというのが理想ではありますが、時間がなくて見られない人は、最低限エピソードⅦ、Ⅷを押さえておけば話の流れは把握できます。

ですので、今回放送のエピソードⅦ、Ⅷを見た上で、最後のエピソードⅨを映画館で見るというのが、理想的な流れになると思います。

 

さて、前置きが長くなりましたが…
いよいよ公開が迫ってきた最新作を見る前に、ぜひ押さえておきたいポイントをまとめたいと思います。
長くなりますので、まずはエピソードⅠ〜Ⅲについて。
ネタバレがありますので、ご注意ください。

 

新3部作(エピソードⅠ〜Ⅲ)について

<メインキャラクター>

ヨーダ … ジェダイ・マスター

クワイ=ガン・ジン … ジェダイ・マスター

オビ=ワン・ケノービ …ジェダイの騎士

アナキン・スカイウォーカー … タトゥイーンの店で奴隷として働く少年

  後にジェダイのパダワン(見習い)となりますが、エピソードⅢでは…

パドメ・アミダラ … 惑星ナブーの女王(後の共和国元老院議員)

パルパティーン … 共和国議議員

ダース・モール … シスの暗黒卿

ドゥークー伯爵 … 元ジェダイの騎士

ダース・シディアス(皇帝) … シスの暗黒卿

 

※キーパーソンはアナキン・スカイウォーカーなので、アナキンに焦点を当てて、あらすじをご紹介したいと思います。

 

<エピソードⅠ「ファントム・メナス」>

f:id:TVdorama:20191218151702j:plain

出典:https://www.amazon.co.jp

 ・あらすじ

惑星コルサントで奴隷として働く少年アナキン・スカイウォーカーは、ある日、ジェダイ一行と出会います。彼らの船の修理に必要な部品を手に入れるため、アナキンは自らポッドレースに出る事を申し出ます。そして、並々ならぬ能力で賞金を勝ち取り、クワイ=ガンからジェダイの素質を認められ、ジェダイのパダワン(見習い)にならないかと誘われます。

アナキンは母親と共に暮らしていましたが、母を奴隷から解放する事は叶わず、幼いアナキンにとってつらい別れとなります。

 

・ポイント

やはり、なんといってもアナキンが出場する「ポッドレース」の迫力がすごいです!あんなに小さな少年が整備も操縦も自由自在にこなすんですから、並々ならぬ才能があるのは明白ですよね。

「ファントム・メナス」とは日本語に訳すと「見えざる脅威」という意味だそうです。

エピソードⅠでは、アナキンがジェダイのパダワンになるというスト―リーだけではなく、通商連合と惑星ナブーの間の貿易関税率を巡る争いについても描かれています。通商連合はナブーに対し武力行使に出ますが、共和国とジェダイの助けもあり、長年敵対していたナブーの2つの種族が協力しあう事によって、通商連合を撃退します。

この争いの裏で糸を引いていたのは、実はシスの暗黒教だったのです。

シスとは、ジェダイのようにフォースという不思議な力を操る者ですが、ジェダイがライトサイド(善)であるのに対し、シスは対極のダークサイド(悪)の存在です。

エピソードⅠでは、シスは表立って動いていませんが、ひそかに暗躍していたのは間違いありません。

アミダラ女王を追跡していたダース・モールが、ジェダイ達と闘うシーンは迫力がありました。

また、ジャー・ジャー・ビンクスというナブーの原住種族のキャラクターが登場しますが、緊張感のある戦いの中で、かなりのドジっぷりを発揮して笑わせてくれるのも、見所の1つです。

 

 

<エピソードⅡ「クローンの攻撃」> 

f:id:TVdorama:20191218154043j:plain

出典:https://www.amazon.co.jp
・あらすじ

約10年の時が流れ、共和国元老院議員となったパドメ(ナブーのアミダラ元女王)は命を狙われていました。すっかり成長したアナキンオビ=ワンは、パドメの護衛として再会を果たします。アナキンとパドメは恋に落ちますが、ジェダイは恋愛が禁じられており苦悩する事となります。

また、アナキンは幼い頃に別れたきりの母親シミの危機を察知して駆けつけますが、再会も束の間、母は腕の中で息絶えてしまいます。怒り狂ったアナキンは、母を殺した盗賊を皆殺しにしてしまうのです。

これまでアナキンは、師であるオビ=ワンと兄弟のような、そして時には父子のような関係を築いてきました。しかし、オビ=ワンはアナキンの能力を認めつつも、奔放さについて戒める事も多く、次第にアナキンは褒めてもらえないことに不満を抱いていきます。一方で、アナキンの能力を高く評価してくれる、パルパティーンとは次第に親しくなっていくのです。

最後にクローン戦争が勃発しますが、そんな中、アナキンはジェダイの掟を破り、パドメと密かに結婚をしてしまいます。

 

 

・ポイント

エピソードⅡでも、やはり水面下で良からぬ計画が進行しています。

今は亡きジェダイマスターが密かに依頼していたという大量のクローン・トルーパーの存在が明らかになります。ただし、依頼していたというのは向こうの言い分なので、本当にジェダイマスターが依頼していたかどうかは怪しい感じです。

また、別の惑星では分離主義勢力のドロイド工場が見つかります。その際、オビ=ワンは分離主義勢力に捕らえられ、アナキンとパドメは、ドロイドのR2-D2、C-3POと共に、オビ=ワン救出に来るのですが、ドロイド工場の製造工程での敵と闘いは、ハラハラドキドキ、でも笑えるようなシーンもありました。C-3POの頭と体が別々になってしまい、頭だけバトルドロイド、体だけバトルドロイドのC-3POがそれぞれ出来上がってしまいます。さすがC-3PO!いい味出してます(^^;)こんな風にドロイドは、要所要所で笑いを提供してくれます(^^)

その後、闘技場で大勢のジェダイと大量のバトルドロイドの大乱闘が始まりますが、C-3POはここでも一人大騒ぎするので、切迫した中でも少し和めます。それはさておき…不利になった共和国は対抗策としてクローン・トルーパーを援軍として使うしかなく…こうして、クローン戦争の火蓋が切って落とされます。

クローン・トルーパーは「ジェダイマスターが依頼していた」そうですが…どうも怪しい気がします。クローン・トルーパーの遺伝子の元は、賞金稼ぎのジャンゴ・フェットだという事実から考えると、シスの罠では??

また、帝国軍の最終兵器「デス・スター」の設計図が密かに出来上がっており、ドゥークー伯爵はそれを持って逃げてしまうので、この件はエピソードⅢに続くっていう感じですね。

エピソードⅡではアナキンの活躍が描かれつつ、一方で感情的になったり、抑えられない怒りや不満が時折、垣間見られます。若いからこそ、という気もしますが、エピソードⅢへの伏線なんだと思います。

 

 

 

<エピソードⅢ「シスの復讐」>

シスの復讐

出典:https://www.amazon.co.jp/

・あらすじ

3年後、共和国のパルパティーン最高議長は独立星系連合軍に捕らえられ、アナキンはオビ=ワンと共に救出に向かいます。ドゥークー伯爵に圧勝しますが、パルパティーンにそそのかされ、無抵抗のドゥークー伯爵にとどめを刺すのです。

その後、アナキンはパドメの妊娠を知り、パドメが出産で命を落とす悪夢にうなされるようになり、母を死から救えなかった事から、より強い力を求めるようになっていきます。パルパティーンは、アナキンの思いを利用し、パドメを救う為には暗黒面の力が必要だと誘惑し、自分がダース・シディアスである事を告げます。そして、パルパティーンがジェダイマスターに捕らえられそうになったとき…アナキンはマスターを倒し、ついに暗黒面に落ちてしまったのです。

その後、オビ=ワンとアナキンは死闘を繰り広げ、オビ=ワンが勝利しますが、無残な姿になったアナキンは、黒いマスクに黒いマントの、あの「ダース・ベイダー」になって生き残ります。

一方、パドメはアナキンのあまりの変貌に生きる気力を失います。出産はしますが、すぐに息を引き取ってしまいます。

 

・ポイント

アナキンは、自らの湧き上がる怒りにより暗黒面に落ちましたが、その残虐ぶりはジェダイ聖堂の幼い訓練生を皆殺しにしたシーンによく表れていました。

そして「オーダー66」が発令され、味方だったはずのクローン・トルーパー達が突如ジェダイを抹殺し、次々とジェダイ達が命を落としていくシーンは、見ていて悲しくなりました。やはりエピソードⅡでクローン・トルーパーを用意していたのは、シスだったんじゃないかと思います。

エピソードⅢの最後で、ダース・ベイダー誕生のシーンと平行して描かれたパドメの出産ですが、そのとき、怒りと喜び、相反する物がそれぞれ産まれていたのは印象的でした。

そして、パドメが死ぬ事になったのは、結局はアナキンの変貌ぶりが原因だったように思えてなりません。パドメが産んだのは双子でしたが、この後のエピソードⅣにも登場します。

アナキンの悪への転落とパドメの死は、とても悲惨なラストではありますが、出産により希望を感じさせてくれます。

 

 

 

今回は、珍しく随分長い記事となりました(^^;)

次回は、エピソードⅣ~Ⅵについて書きたいと思います。

 

2019.12.26現在、U-NEXTでは、ポイントを利用してご覧いただくことができます。

(配信は、あと10日で終了のようですので、視聴される方はお急ぎください!)随時、配信内容は変わりますので、ご利用の際には、U-NEXTのホームページでご確認ください。

宅配レンタルなら、TSUTAYA DISCUS!

エピソードⅡとⅢの間の「クローンウォーズ」というアニメも、2019.12.26現在、レンタル可能です。


海外ドラマランキング

海外映画ランキング

応援してくださる方は、ポチッとお願いします。